お電話でのお問い合わせ 03-5490-8700

オンライン予約は
こちら

内科・女性内科

内科について

内科

人間が罹患しうる病気は非常に多岐にわたっておりますので、医学部附属病院などでは循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科など、内科だけでも沢山の専門診療科に分かれています。これにより専門的な診断・治療が行えるのですが、その反面、様々な健康上の問題を抱えた患者さまの全身症状を総合的に診ることが難しくなっています。

そのため、病気の診断から日常の健康管理まで、一人ひとりの体質などを踏まえた総合的な医療を提供する一般診療科の役割が重要となっているのです。

当クリニックは、地域にお住まい、お勤めの方々のかかりつけ医として、内科全般にわたる基本的な診察・治療を行っております。さらに専門的な治療が必要な場合は、提携する総合病院や専門病院を紹介いたします。

地域の皆様の
かかりつけ医です

身体の調子が悪いときに多くの方が最初に受診する内科は、現在の病気の状態を把握し、適切な医療を受けるための総合窓口としての役割も担っています。

当クリニックは、地域にお住まい・お勤めの皆様のかかりつけ医となれるよう、親身で丁寧な診察をし、適切な総合案内役を務めます。そして、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合は、適切な医療機関や専門医をご紹介いたします。

発熱や腹痛など、はっきりした症状が出現されている方のみならず、体調のお悩み、健康上の不安などを感じておられる方も、お気軽にご相談いただければと思います。

かかりつけ医の
役割について

  • 患者さま一人ひとりの体質や既往歴、生活背景などを把握し、適切な診療や保健指導を行います。
  • 自己の専門性を超えている診療領域については、地域の医療機関と連携して対応いたします。
  • 診療時間外であっても、患者さまにとって最善の医療が継続されるよう、地域の医療機関とお互いに協力し、休日や夜間も対応できる体制を構築しています。
  • 日常行う診療のほかにも、地域にお住いの方々の健康相談、健診・がん検診、母子保健、学校保健、産業保健、地域保健などにも積極的に参加しています。
  • 地域の高齢者が少しでも長く地域で生活できるよう、在宅医療を推進しています。
  • 患者さまやご家族に対し、医療に関する適切で分かりやすい情報提供に努めています。

このような症状はご相談を

  • 高熱が出た、熱が下がらない
  • 咳、鼻水、のどの痛みがある
  • 胸やけがする
  • 食欲がない、これまで好きだった食べ物が喉を通らない
  • 食べているのに体重が減っていく
  • 胸が痛い、圧迫感がある
  • 頭が痛い、頭がモヤモヤする
  • 立ちくらみ
  • 少し身体を動かしただけでも動悸、息切れする
  • 肌がむくんできた、発疹がある
  • 喉が頻繁に乾き、水をよく飲む
  • 疲れやすくなった、身体がだるい
  • 尿に異常がみられる(出にくい、近い、量が多い、血が混じる)
  • 体重が増えてきた、または痩せてきた

など

内科の主な対象疾患

急性疾患

  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 上気道炎
  • 胃腸炎(腹痛 下痢 吐き気)
  • 尿道
  • 膀胱炎
  • 熱中症

慢性疾患

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、メタボリック症候群など)
  • 花粉症
  • 貧血
  • 頭痛
  • 便秘症

など

女性内科とは

女性内科

男性と女性では、生理機能に違いがありますので、それぞれ罹患しやすい病気に特徴があります。分泌されるホルモンも異なるため、病気の現れ方や経過も同じではありません。女性内科は、こうした違いを理解した上で、女性の心身に起こりうる病気や症状の改善を目指す診療科です。

女性の体内では、常にホルモンバランスの変化が起こっており、それが体や心の症状に大きな影響を及ぼしています。特に、月経や妊娠、更年期などに関連し、生理不順、不正出血、下腹部痛、肩こり、貧血などが起こることもしばしば見られます。

当クリニックの
女性内科について

当クリニックでは、女性に特有の病気のみならず、排尿時痛、頻尿、月経周期に伴う皮膚症状、骨粗鬆症など幅広い疾患に対応しております。さらに、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を始めとする一般内科的な疾患についても、女性の内分泌機能の乱れなどを踏まえて治療を進めていきます。

はっきりとした症状が出ているときはもちろん、なんとなく体調がすぐれないと感じておられる女性の方も、ご遠慮なく当クリニックまでご相談ください。

女性内科で扱う主な疾患

  • 更年期障害
  • 高脂血症
  • 骨粗鬆症
  • 膣炎
  • 性感染症

など

更年期障害

女性の閉経を挟んだ約10年間を一般に更年期と呼んでいます。この時期は、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してくるため、身体がその変化に対応しきれず、様々な身体的・精神神経的な不調が起こりがちです。このうち、日常生活に支障をきたし、治療を要するものが「更年期障害」です。

更年期にはホットフラッシュや発汗、肩こり、疲労感など、幅広い症状が出現します。但し、これらの症状は更年期障害のみで見られるわけではありません。そのため、別の病気に罹患しているのに、「更年期のせいだろう」と思い込み、治療が遅れてしまうことがあります。具体的には、糖尿病や高血圧、心疾患、貧血、甲状腺疾患、悪性腫瘍、うつ病などが潜んでいる可能性もありますので、体調が優れない方は、お早めに専門医に相談されるようお勧めいたします。

高脂血症

高脂血症は、血液に含まれる中性脂肪やLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増え、動脈硬化などのリスクが高まってしまう病気です。30歳代には女性よりも男性に多く見られるのですが、閉経をきっかけとして女性の罹患率が上昇していきます。女性ホルモンであるエストロゲンが低下することより、高脂血症になりやすくなるのです。また、妊娠中にもコレステロールや中性脂肪の値が高くなるので注意が必要です。

治療にあたっては、原則として食事療法と運動療法によって生活習慣を改善し、中性脂肪などの適正化を目指します。脂身の多い肉類は控え、メインのおかずは魚を切り替えます。野菜や海藻類、大豆製品は積極的に食べます。さらに、適度な運動によって代謝を改善し、体重を適正にコントロールします。しかし、これによっても十分な改善が見られないときは薬物療法も併用する必要があります。

クリニック名
成城せとぐちクリニック
院長
瀬戸口 志保
診療内容
泌尿器科・女性泌尿器科・内科
所在地
〒157-0066
東京都世田谷区成城5-13-23
TEL
03-5490-8700
最寄駅
  • 小田急線「成城学園前駅」西口より徒歩5分
  • 小田急バス「成城一番」より徒歩2分
コインパーキング、駐輪場完備
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00-17:30

休診:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
※受付は診療時間の30分前迄です。