お電話でのお問い合わせ 03-5490-8700

オンライン予約は
こちら

自由診療

骨盤強化

自由診療

内臓を本来の位置にとどめ、尿漏れなどを防ぐには、これらの臓器に関連する筋肉を鍛え、骨盤を強化することが重要です。当クリニックでは、骨盤強化のためのプログラムとして、マンツーマンで骨盤底筋体操指導を行っておりますので、希望される方はお気軽に電話にてお申し込みください。

骨盤底筋体操について

骨盤内には、膀胱や尿道などの臓器があり、本来は骨盤底筋群がしっかりと支えています。しかし、この筋肉が弱いと、尿道や肛門を締める働きにぶくなってしまい、尿漏れなどを起こしやすくなるのです。

骨盤底筋群を鍛えるのに有効なのが「骨盤底筋体操」です。すでに尿漏れなどの症状が出ている方は1日に5セット、予防的に行う方は1日3セット、下記の体操を行うとよいでしょう。これによりインナーマッスルが鍛えられ、QOL(生活の質)の向上が見込めます。

なお、骨盤底筋体操は、スポーツ医学に基づいて行われ、筋力の活性化とストレッチング的要素をバランスよく組み合わせて行われます。従って、本来の筋力をはるかに超えた負荷をかけるなど、誤ったトレーニングを行わない限り、特に副作用などが起こることはないと考えられています。

骨盤底筋体操の料金

骨盤底筋体操(個別指導)
マンツーマンで行います。姿勢や呼吸法から、骨盤底筋を意識し、動かせるようになるまで、指導を行います。トレーニングだけではなく、食事や飲水量の指導なども含めて行います。

初回(45分) 5,000円(税別)
2回目以降(30分) 4,000円(税別)

ペッサリー自己着脱指導

膀胱瘤や子宮脱の患者様の治療のひとつで、長期留置を行う患者様もいますが、より快適に体の負担をなくす自己着脱を指導します。外来の短い時間では習得できない技術を、をより分かりやすくマンツーマンで指導を行います。1回から2回の指導で手技獲得を目指します。

1回30分 4,000円(税別)

男性更年期治療

≫ 男性更年期について詳しくはこちらへ

男性更年期治療(男性ホルモン補充療法)
エナルモンデポ(250mg)筋肉注射(診察料込)
症状に応じて、3~4週間に1回注射します。

初診時 5,000円(税別)
再診時 2,500円(税別)

ED治療

EDは、満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られない、または維持できない状態が続く病気です。勃起機能の低下を意味する英語(Erectile Dysfunction)の頭文字をとって名付けられました。勃起不全、勃起障害とも呼ばれます。

常に勃起が起こらないケースだけでなく、たまに勃起しないことがある、勃起できるか不安になることがある、勃起しても十分に硬くならない、なども満足な性交に支障を来たしていますので、EDの可能性があります。

EDの治療について

EDの治療にあたっては、主にPDE5選択的阻害薬を使用した薬物療法が行われます。当クリニックでは、患者さまの症状をきちんと見極め、下記の薬物を処方いたします。これらのお薬により、服用してから1~4時間程度の性的刺激が期待できます。

副作用としては、血管を広げる作用によって「顔のほてり」を感じることが多くあります。その他、頭痛、動悸、鼻炎、不快感などがありますが、4~6時間で症状が治まる場合は、特に気にする必要はないと考えられています。

当クリニックで処方するED治療薬(別途初診料、再診料がかかります)

バイアグラジェネリック(25) 800円(税別)
バイアグラジェネリック(50) 1,000円(税別)
シアリス(10) 1,800円(税別)
シアリス(20) 2,000円(税別)

緊急避妊薬避妊

当院では緊急避妊として行うアフターピルを提供しております。

避妊をしないで性交した場合、コンドームが破れるなどして避妊が失敗した可能性がある場合は、妊娠を防止する手段として緊急避妊があります。具体的には、黄体ホルモンの含まれているアフターピルを服用し、事後的に妊娠の防止を目指します。

緊急避妊をうまく行うには、性交時から72時間以内の出来るだけ早いときに所要量のピルを服用することが大切です。月経周期のどの段階なのかによって異なりますが、緊急避妊を希望される方は、一刻も早く当クリニックを受診し、相談を受けるようにして下さい。

副作用に関しては、特に目立ったものはありません。但し、低用量ピルと同様に、服用してはいけない方、慎重を要する方もいますので、問診の際に確認させていただきます。また、アフターピルは妊娠防止効果は期待できますが、100%という訳にはいきません。正しく服用した場合でも、約2%のケースでは妊娠を防止できないと言われています。

ノルレボ錠 13,000円(税別)
*診察料込

生理移動

月経移動では中用量ピルを内服します。当院ではプラノバールを採用しております。

(1) 月経を早める方法
月経開始後3~5日目ごろから7~14日間程度ホルモン剤を服用します。服用後2日くらいすると月経がはじまるため、月経を避けたい時期の前に月経を移動することが可能です。この方法は、事前に月経をおこしておくため、大事なイベントの時期にホルモン剤を服用する必要がありません。しかし、できるだけ早くに受診する必要があります。ずらしたい月経のひとつまえの生理時またはその前に受診下さい。
(2) 月経を遅らせる方法
月経開始予定の数日前からホルモン剤を服用し始め、遅らせたい日程の最終日まで飲み続ける方法です。ほぼ確実に月経を移動させることが可能ですが、初めてホルモン剤を服用する方は副作用(吐き気やだるさなど)が出た場合、大事なイベントにつらい症状が出る場合があります。
プラノバール 5,000円(税別)
*診察料込

以下のかたはピルの内服ができませんのでご注意下さい。

  • 重度の肥満
  • 乳がんの既往歴のある方やエストロゲン産生腫瘍の既往歴のある方
  • 子宮頸がんの既往歴のある方
  • ヘビースモーカーの片(35歳以上は1日に15本以上、43歳までは1日に20本以上)
  • 血栓症の既往歴のある方、血栓症の家族歴がある方
  • 重度高血圧(上が140以上、下が90以上。)
  • 心筋梗塞、腎疾患、心疾患などの既往歴がある方
  • 40歳以上の初回投与(血栓症の発生リスクが上がるためです。)
  • 妊娠中の方、授乳開始から6か月未満の方(授乳開始から6か月経過した方は内服可能です)
  • 手術をする方は2週間前から服用禁止です。(服用開始時期は手術の主治医と相談ください)
  • てんかん治療薬を服用中の方(避妊効果を下げるため)
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)のサプリメント服用中の方(避妊効果を下げるため)

性病検査

自覚症状がないが、心配される方のための検査です。

男性フルセット(採血・採尿):
HIV、B型肝炎、梅毒、淋菌、クラミジア
10,000円(税別)
おりものセット(女性のみ):
淋菌・クラミジア・膣トリコモナス・カンジタ
8,000円(税別)
HPV(ヒトパリローマウイルス)検査(女性のみ):
子宮頸がんのリスクとなるウイルスの検査です。
5,000円(税別)
女性フルセット(採血・おりもの):
HIV、B型肝炎、梅毒、淋菌、クラミジア、膣トリコモナス、カンジタ
*HPV検査追加の場合は、追加5,000円(税別)となります。
12,000円(税別)
クリニック名
成城せとぐちクリニック
院長
瀬戸口 志保
診療内容
泌尿器科・女性泌尿器科・内科
所在地
〒157-0066
東京都世田谷区成城5-13-23
TEL
03-5490-8700
最寄駅
  • 小田急線「成城学園前駅」西口より徒歩5分
  • 小田急バス「成城一番」より徒歩2分
コインパーキング、駐輪場完備
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00-17:30

休診:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
※受付は診療時間の30分前迄です。