お電話でのお問い合わせ 03-5490-8700

オンライン予約は
こちら

泌尿器科

泌尿器科とは

泌尿器科

腎臓などに異変が生じると、血液に含まれる老廃物などをうまく濾過することが出来なくなり、様々な全身疾患の原因となります。泌尿器科は、腎臓や尿管、膀胱など、尿の産生から排尿に関連する臓器に生じる病気を主に扱う診療科です。さらには、前立腺など男性生殖器も診療範囲に含まれます。

対象とする臓器の形態が男性と女性では大きく異なるため、前立腺肥大のように男性のみの疾患もあれば、膀胱炎など女性に多く見られる疾患もあるのが特徴です。当クリニックでは、女性に多く見られる疾患は主に女性泌尿器科で対応いたします。

専門の治療機器を用いて
検査・治療します

当クリニックでは、泌尿器に起こる下記のような体調変化、痛みに対応するため、確定診断に必要な検査を行い、適切な治療を行っています。

尿検査

排尿のトラブルの原因をさぐるために必須の検査です。より正確な結果をしるために、排尿の取り方にも注意をはらっております。男性では症状に応じて尿の取り方をかえております。男性の排尿実の痛みや性病が疑われる場合は初期尿(出始めの尿)を採取し、それ以外では中間尿(最初のおしっこは捨てて中間の尿だけを採取)を採取おねがいしています。女性では外陰部のよごれが尿に混じることがあり、それを避けるために排尿前に陰部の清拭をお願いし、中間尿の採取をお願いしております。

超音波検査

腎臓や膀胱、前立腺の形態的異常の有無を精査するに必須の検査です。血尿の原因となる結石や悪性腫瘍の有無も確認することが可能です。

尿流量検査・残尿測定

検査トイレで排尿していただくことで、尿の勢いや、排尿にかかる時間、排尿量がわかります。また排尿後に超音波で残尿量を測定します。この二つの検査で膀胱機能を評価します。

膀胱鏡検査

血尿などを主訴に来院されるかたで、膀胱内の腫瘍や結石、尿道口の異常などが疑われるときは、外尿道口から内視鏡を挿入し、膀胱鏡検査を行います。これにより、膀胱内の粘膜異常などを確認することが出来ますので、膀胱がんの早期発見などにも役立ちます。当院では軟性膀胱鏡をしようしており、極力患者様の負担がないように努めています。

検査によってさらに詳細の検査・治療が必要と判断したときは、患者さまの状態に応じて専門医療機関をご紹介いたします。

このような症状の方は
泌尿器科を

一般的なお悩み

  • 尿が出にくい、出ない
  • おしっこの線が細い
  • 尿に血が混じっている
  • おしっこが近い、回数が多い
  • 夜間、何度もおしっこに起きる
  • 尿が残っている感じがする
  • 尿が漏れる
  • 足がむくむ
  • 腰や背中が痛む
  • 腎臓の辺りが痛む
  • 尿道から膿が出た
  • 健診などで血尿や蛋白尿を指摘された

など

男性に特有のお悩み

  • 睾丸や陰嚢が腫れた
  • 陰茎、陰嚢の痒みや痛み、発疹。
  • 亀頭、包皮に水疱やイボができた
  • PSA(前立腺特異抗原)値が高いと言われた
  • 男性更年期障害のような気がする
  • 勃起力が低下した

など

泌尿器科で扱う
主な疾患・症状

など

頻尿

頻尿とは排尿の回数が多いことをいいます。通常成人では1日5~7回排尿に行きます。8回以上排尿することを頻尿と呼んでおります。日中のみの頻尿、夜間だけの頻尿(夜間頻尿)もあります。原因は様々で、男性では前立腺肥大症や前立腺がん、慢性前立腺炎などが原因にあげられます。また男女共通して尿路感染症(膀胱炎や細菌性前立腺炎)、過活動膀胱、習慣性の頻尿などがあげられます。頻尿の原因を調べ、それぞれにあった加療を行います。水分の取りすぎ、習慣性頻尿などには、適度な水分摂取指導、膀胱訓練、塩分摂取量をひかえるなどの食事指導、適度な運動などの生活指導を行います。

過活動膀胱

膀胱が必要以上に過敏に活動することで、頻尿が起こる病気です。水仕事を行おうとしたとき、水の音を聞いただけでもトイレに行きたくなる、帰宅して玄関のドアノブを握ったとたんにトイレに行きたくなくなどの症状があります。いずれも、切迫感を伴い、時に間に合わず漏らしてしまうこともあります(切迫性尿失禁)。

我が国の40歳以上を対象とした調査では、12.4%で過活動膀胱症状がみられ、加齢とともにその比率は増加しています。治療は薬物療法、行動療法(体重減少や適量飲水指導、膀胱訓練など)、骨盤底筋訓練などの理学療法があります。薬では、膀胱の異常な収縮を抑える抗コリン薬や、膀胱の筋肉を緩める働きのあるβ3(ベータ―スリー)作動薬が代表的です。難治性の過活動膀胱に両薬剤を併用投与する場合もあります。いずれも薬の飲み合わせや副作用などを確認しながら、個々人に合わせた使い分けを行います。

夜間頻尿

夜間、排尿のために1回以上起きなければならないとい訴えをいいます。加齢とともに増加し、生活の質(QOL)の低下に強く関与しています。
夜間頻尿の原因は、①多尿(24時間の尿量増加)、夜間多尿(夜間のみの尿量増加)、②膀胱蓄尿障害(膀胱の容量減少)、③睡眠障害に大別され、これらが複合的に併発することもあります。原因を探るためには、排尿記録を付けることが第一です。排尿記録から3つのタイプに識別し、治療をおこないます。
*排尿記録

尿漏れ

自分の意思に反し、トイレ以外の場所で尿が漏れてしまう疾患です。医療機関を受診せず、一人で悩まれている方も多いようですが、尿漏れ症状は非常に多く、40歳以上の尿失禁保有率は女性44%で、男性18%が罹患していると言われています。(*本間之夫ほか;排尿に関する疫学的研究 日本排尿機能学会誌 14(2)2003、266-77)尿もれの状態によって以下に大別されます。

  1. 切迫性尿失禁;
    急な尿意とともにトイレに間に合わず漏れる尿もれです(過活動膀胱参照)
  2. 腹圧性尿失禁;
    咳・くしゃみ・走る・階段の昇降、重いものを持ち上げるなど、腹圧がかかるときに、尿意がないのに尿が漏れる症状をおもとします。病因は骨盤底筋の脆弱化ですが、そのリスク因子は、加齢、妊娠、経腟分娩、肥満、子宮摘出術、便秘、遺伝などです。出産後、または高齢化に伴う筋力低下、急激な体重増加により出現することが多いです。治療は、薬物療法、骨盤底筋トレーニングが主となります。重篤な失禁に対しては手術治療を行う場合もあります。※尿漏れの改善には骨盤強化が効果的です。
    詳しくはこちらへ ≫ 骨盤底筋体操について
  3. 混合性尿失禁;
    切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁が混在するタイプで、尿失禁全体の30%を占めています。切迫性尿失禁に対する薬物療法と骨盤底筋訓練や生活指導などを合わせた治療をおこないます。
  4. 溢流性尿失禁;
    つねに尿が漏れ出ている状態です。重篤な排尿障害や、膀胱膣瘻(膀胱と膣がつながっている状態)などの形態異常がある場合があります。すぐに検査を受けて原因を探る必要があります。
  5. 排尿後尿滴下(男性);
    男性の排尿後に、チョロチョロト後もれする状態で、原因は前立腺肥大症による尿の勢いの低下と、尿道の形態的にあります。前立腺肥大症の治療を行うことと、排尿後に会陰部を用手的に圧排して、残尿を絞り出すなど工夫が必要です。

血尿・尿潜血

尿に赤血球が混じった状態です。このうち「血尿」は、肉眼で確認できる場合であり、自分自身でも発見することが出来ます。これに対し「尿潜血」は、尿に赤血球が混じってはいるのですが、色などがはっきり出現しないため、顕微鏡などを用いないと確認できないものを指します。

血尿や尿潜血は、尿を作る腎臓、尿を一時的に溜める膀胱、それらをつなぐ尿管や尿道に何らかの病的状態が生じているサインです。肉眼で血を確認できるケースは、さらに重要な病気が起こっている可能性があります。例えば、膀胱がんの8割以上は肉眼的血尿を契機として発見されます。但し、肉眼で見えない顕微鏡的潜血でも、がんなどの重要な病気が潜んでいることも少なくありません。

血尿が見られた場合はもちろんのこと、健康診断や人間ドックで尿潜血を指摘された方は、お早めに泌尿器科を受診するようにして下さい。

前立腺肥大症

男性に特有の「前立腺」という生殖器があります。これは、膀胱の下にある栗の実ぐらいの大きさの臓器で、前立腺液を分泌します。前立腺液は精液の一部となり、精子を保護したり、精子に栄養を与えたりし、その運動機能を助けているのです。前立腺肥大症は、この臓器が肥大化し、排尿トラブルを引き起こす疾患です。

加齢とともに罹患率は増加しており、50歳で約30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%の方に前立腺の肥大状況が見られますが、その全てで治療が必要となるわけではありません。適当な時期に泌尿器科の専門医院を受診し、治療の必要性をご確認ください。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、膀胱の非特異的な慢性炎症を伴い、頻尿、尿意亢進、切迫感、膀胱痛などの症状により著しくQOLを低下させる原因不明の疾患です。男女比は1:5.6と女性に多くみられます。他の器質的な疾患を伴わないことが前提で、粘膜のびらんを伴うハンナ型と伴わない非ハンナ型に二分されます。重症のハンナ型間質性膀胱炎は厚生労働省の指定難病となっています。

治療

  1. 生活指導
    間質性膀胱炎は食生活やストレスの影響を受けやすい疾患のため、唐辛子・香辛料の多量摂取や、参照などかんきつ類の摂取を開始し、バランスのよい食生活を心がけることが重要です。また本疾患はストレスで増悪することが知られており、可能な限りのストレス原因を除去し、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。
  2. 手術療法
    水圧拡張術:膀胱鏡でハンナ病変の有無の確認後低圧(80cmH2O程度)で膀胱を拡張します。非ハンナ型では治療後約半数の症例で症状改善(効果持続時間は6か月~1年間)を得ることができます。
    ハンナ病変焼灼術:ハンナ型では水圧拡張術のみでは十分な症状の改善は得られないことがほとんどで、ハンナ病変を電気メスでごく浅く切除・蒸散、または凝固します。90%の症例で一時的な症状緩和、40%で3年以上の症状消失が見込まれます。
  3. その他の治療法
    鎮痛薬、抗うつ薬、抗アレルギー薬、免疫抑制剤などの内服治療、膀胱内へ薬剤を注入する治療法も効果が期待されておりますが、現在日本では臨床試験中である(DMSO膀胱内注入療法)。

尿路結石症

尿が腎臓で作られ、これが体外に排出される道筋でできた結石を総称して「尿路結石」と呼びます。尿中のシュウ酸などがカルシウムと結合して結石となります。
結石が存在する場所によって腎結石(腎臓の内部に結石がとどまっている状態)、尿管結石(腎臓と膀胱をつなぐ管にある結石)、膀胱結石、尿道結石(膀胱から体外に尿を排出する管にある結石)と呼ばれます。
腎臓で結石が作られ、これが内部にとどまっている段階では痛みがないことも多いです。しかし、この結石が尿管まで流れ落ちた際には激痛が伴い、緊急手術が行われることもあります。
目立った痛みが無い場合は、薬物を投与して経過観察します。しかし、徐々に結石が大きくなっていき、尿管などを詰まらせるおそれがあるときは、体の外から衝撃波を照射して結石を砕いたり、尿道から細い内視鏡を挿入して結石を破壊したりして治療します。

膀胱がん

膀胱内の粘膜下層や、その下の筋層に発生するがんです。尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)のがんの中では最も頻度が高く、特に60~70歳代の男性で多く見られます。
初期の段階では、痛みなどを伴わない血尿が出るケースが多いです。この他、膀胱への刺激が増え、頻尿や排尿痛などの症状も見られます。膀胱炎と間違えられて発見が遅れる場合があります。進行すると、水腎症や排尿痛、排尿困難などの症状が強まります。
治療に関しては、進行度を踏まえて手術、化学療法、放射線療法などを選択します。がん組織が粘膜表面に留まっているときは、尿道から膀胱鏡を挿入して腫瘍部を電気メスで切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。がんが筋層にまで達しているときは、膀胱全摘除術が中心となります。なお、合併症のリスクなどによって手術が難しいケースでは、放射線治療が選択されます。

前立腺がん

前立腺に発症するがんで、男性特有の癌です。前立腺がんの患者さんは年々増加していて、現在男性でかかる癌では、2番目に多いです。前立腺がんは高齢者に多く発症するため、人口における高齢者の占める割合が高くなるほど前立腺がんの患者さんも増加します。また、血液中の前立腺特異抗原(PSA)の値を調べるPSA検診が普及したことも要因のひとつであると考えられます。前立腺がんはおもに外線(辺縁領域)に発生します。他の臓器のがんとは異なり、ゆっくりと進行するため、早期に発見できれば完治が可能ながんです。しかし、初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れることがあります。進行すると骨や臓器に転移することがあります。治療は、手術、放射線、ホルモン療法などがあげられます。癌の進行具合や悪性度によって治療の選択が異なります。早期発見のためにも50歳を過ぎたらPSA採血を1年に1回は受けるようにしましょう。

男性更年期障害

男性ホルモンの減少に伴い、気力の低下や、精力の低下、強い疲労感、体調不良、筋力低下、不眠などの症状を発症させます。早いひとでは40代から発症します。男性ホルモンには、筋肉を成長させる、ドーパミンを分泌し意欲を起こさせる、血管に有害な不純物が蓄積されるのを防ぐ(メタボ予防になる)、性欲を保たせる、加齢による衰えを防ぐ、記憶力や集中力を向上させる機能があります。男性らしさや健康を保つのに、男性ホルモンはとても重要な働きをしています。加齢やストレスに伴い、男性ホルモンが減少することによって発症するのが男性更年期障害です。受診では、質問票で症状をスコア化し、ホルモン値の異常の有無を検査します。

男性更年期の治療

  • 生活指導;
    ストレスを解消や、良好な睡眠をとること、肥満の解消などがあげられます。また、男性ホルモンを上昇させる食材として肉や卵、納豆などのたんぱく質や、亜鉛、山芋、玉ねぎ、アボカドなどがあげられます。
  • 漢方薬;
    漢方薬には不安やイライラを鎮める役割や、滋養強壮作用、血行改善などからだを温める作用などあります。自身にあった漢方薬によって、症状の緩和が期待できます。
  • 男性ホルモン補充療法;
    遊離テストステロン値が低下している患者様が対象です(年齢によって治療域の値はかわります)。男性ホルモンを注射により補う治療方法です。3~4週間に1回注射を行うことで、男性ホルモン値を上昇させます。保険適応がないため、自費診療となります。(自費診療の項参照)
クリニック名
成城せとぐちクリニック
院長
瀬戸口 志保
診療内容
泌尿器科・女性泌尿器科・内科
所在地
〒157-0066
東京都世田谷区成城5-13-23
TEL
03-5490-8700
最寄駅
  • 小田急線「成城学園前駅」西口より徒歩5分
  • 小田急バス「成城一番」より徒歩2分
コインパーキング、駐輪場完備
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00-17:30

休診:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
※受付は診療時間の30分前迄です。